ビジネス書・自己啓発

【無(最高の状態)】を読んで学んだこと

ども、しゅうです

日々たくさんの本を読んでいて、
この本は良かった!勉強になった!
という本だけ厳選して、
読書時にとったメモを公開していきます。

逆に読んでもオススメできないかな??
って本は記事にしてません。

今回は
無(最高の状態)

アンガーマネージメントや、依存症など、
セルフコントロール関係で悩んでいるひとに気づきの多い本です。

この記事について:レビューとは違います

このブログ記事の概要
ボクは本を読むとき「なるほどな〜」「ここ良いな、、、」と思ったところを、
後で本ぜんぶを読み直さなくても確認できるように、
メモしながら読書します。

今回は、そのメモを、
ほとんど加工無しでそのまま共有。

ある意味ボクの脳みその反応をそのままさらすようなもの。

書評やレビューというより
「こんなことが学べた!」という点を
備忘録も兼ねて記事にしたものです。

主に自分が後から本の内容、エッセンスを
素早く振り返れるように書いたメモを
ほぼそのまま公開。

読みにくかったらごめんなさい。

なかには、
実際に本を読まないと
なんのことかわからないフレーズなどもありますが、

全て解説してしまうと、
ネタバレになってしまい著者の人にも失礼なので、
あえてそのままにしています。

原文ままではなく、
自分で噛み砕いて他の言葉に置き換えているところが多いです。

気になった人は本のリンク貼っておくのでポチってください。

無(最高の状態)を読んだ脳内メモ

自己はただの生存ツール。
いろんな便利グッズの詰まったツールボックス

脳はストーリー、物語を見ている
足りない情報を自分が作ったストーリーで補完して錯覚を起こす。

苦しみ=痛み✕抵抗
問題と戦わないことも一つの手段
白旗を上げてやり過ごすことも立派な作戦
過去の失敗にも降伏する

自分の負の感情と戦わない。
戦わず放置すると、敵は小さくなって消えていく

ビーチボールのメタファー
牧草地のメタファー

音楽や瞑想で脳の中の物語を止める

無我
我があるから悩みいらつき怒る
執着を捨てる

二の矢をつがない。
人間だけが悪いことがあった時、
後で思い出したり更に悪い想像を膨らませたりして二の矢をつぐ。
ただ受け入れ戦わない。

まとめ

キンドル版で読んだのですが、
電子書籍の良さのリンクなども活用して、
工夫されてました。

それよりなにより、内容の情報がすっげ〜網羅的!

ボクのメモはもう覚えているような情報は省くので少ないですが、

自分の中で起きる葛藤やモヤモヤ、イライラ、、、 などなど、

に対する対策や原因に関する科学的な研究の情報が目白押し。

その分、
本を読むことに慣れてない人にはボリュームがありすぎるかもしれませんが、

とりあえず、
セルフコントロールについて悩んでいる人にはいろいろな気づきのある本です。

気になったひとはポチって見てください。

↓こちら

ではでは〜〜

  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人オヤジ。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・ビジネス書・健康ネタなど、おいしい混ぜごはん的ブログを目指しています。あなたの生活をちょっとだけ幸せにする本・小ネタ・便利グッズなども紹介。ブログのお小遣いで、愛娘たちに高級ちゅ~るを!最近の興味は禁酒・有酸素運動・自宅での温冷浴・瞑想で脳みその若返り。あえて!?の独身40代。Twitterでは興味のあることを脈絡なくつぶやいてます。

-ビジネス書・自己啓発