ビジネス書・自己啓発

【精神科医が見つけた 3つの幸福】を読んで学んだこと

ども、しゅうです

今回は「精神科医が見つけた 3つの幸福」を読んで学んだことを共有していきます。

この本では、脳科学などの研究に基づいて、

幸せを、

「セロトニン的幸せ」=健康
「オキシトシン的幸せ」=繋がり
「ドーパミン的幸せ」=成功・達成

の大きく3種類に分類して、
そのそれぞれの関係や、優先する順番は??
などについて学べます。

世間一般では、
つい幸せといえば「ドーパミン的幸せ」=成功・達成、
にばかり注目しがちです、、、

しかし、そこには大きな落とし穴が、、、

ドーパミンは、目標達成の動機づけにもなりますが、
依存症の原因物質でもあります。

目標を追いかけて燃え尽きてしまわないように、、、
目先の快感におぼれて依存症になってしまわないように、、、

そういうときに大事なことが学べます。

ボクが個人的に特に学びになって、
あとから確認しなおしやすいようにまとめたものは、

下の「脳内メモ・学んだこと」のところに箇条書きでまとめているので、

気になったひとはそこだけでも見てみてください。

このブログ記事の概要(興味ないひとはトバしてOK)

ボクは本を読むとき
「なるほどな〜」「ここ良いな、、、」と思ったところを、
後で本ぜんぶを読み直さなくても確認できるように、
メモしながら読書します。

今回は、そのメモを、
ほとんど加工無しでそのまま共有。

ある意味ボクの脳みその反応をそのままさらすようなもの。

書評やレビューというより
「こんなことが学べた!」という点を
備忘録も兼ねて記事にしたものです。

主に自分が後から本の内容、エッセンスを
素早く振り返れるように書いたメモを
ほぼそのまま公開。

読みにくかったらごめんなさい。

なかには、
実際に本を読まないと
なんのことかわからないフレーズなどもありますが、

全て解説してしまうと、
ネタバレになってしまい著者の人にも失礼なので、
あえてそのままにしています。

原文ままではなく、
自分で噛み砕いて他の言葉に置き換えているところが多いです。

「あくまで読書時点のボクに刺さった」
ことを基準にメモしているので、
ボクがすでに知っていることは省いていたり、
メモしてないことでも他の人にとっては刺さることもあると思います。

気になった人は本のリンク貼っておくのでポチってください。

脳内メモ・学んだこと

階段を「1段」登るだけでドーパミン的幸福は得られる

登った先に幸せがあるのではなく、
登っている「今」が幸せ

ドーパミン的幸せはとん減する
セロトニン的幸せとオキシトシン的幸せはとん減しない

オキシトシンは感謝で出る。
ドーパミン的成果を得たとき同時に感謝すると…
オキシトシン的持続可能な幸せも手に入る

セロトニンは脳の司令塔として働き、
他の脳内ホルモンの働き量を調節する。
だからドーパミンもコントロールして依存症にも効果がある。

いたるところに100円玉的幸せは落ちている

「doの前にbe」
今そこに「ある」幸せを感じとる能力を伸ばす

後悔や不安は自分のアタマの中で作り出してるだけ、
今を見る。
そもそも、「今」しか生きれない
人生を微分すると「今」になる

記憶はアウトプットを繰り返すたびに強化される…
なので、ポジティブな記憶は意識して何回もアウトプット、
呼び起こす

アウトプットは独り言でつぶやくだけでいい

ポジティブを集める

寝る直前15分でポジティブな記憶をアウトプットして、
睡眠中に脳に刻む

悪口はネガティブな観察力を鍛える最強のトレーニング法。
その観察力は結局自分自身に向けられることになる

親しい関係は5、6人が限界
自分にとって重要な数人とだけ親しい関係をつくる

ひとに意図的・積極的に親切にするとオキシトシンが出る
親切は家事を手伝うとかでもいい

親切を数えると幸福度が上がる
親切が自尊感情や自己重要感を強める

「感謝」はしてもされても、
オキシトシン、セロトニン、エンドルフィン、ドーパミン…
全部出る

相手からも自分からも「ありがとう」を集める

ポジティブ日記、感謝日記、親切日記。
毎日できなくても、週に一度でも絶大な効果がある

薬や治療法など効果があると信じるプラシボ効果で3倍効果に違いが出る。
信じるだけで、さまざまな有効なホルモンが出る

小さな課題=ドーパミンの階段

感謝してお金を使う
感謝することによって、お金がドーパミンだけでなく、
とん減しないオキシトシン的幸福とも結びつく

お金は「ひと」が払うもの、
そこに必ずつながりや信頼がある

ちょいムズ課題に挑む。
ちょいムズ課題でドーパミンをゲットする

ワクワクはバーサクの魔法で強くなった状態
せっかく強くなっているのだから、
魔法の効果が切れる前にチャレンジしないともったいない

ワクワクのコンパスは自分のほんとうにやりたいことを指す

良い結果を期待してチャレンジするだけで
ドーパミンが出て幸福度が上がる

giveはまとめてやる

楽しいひとが成功する。
楽しいとドーパミンが出て行動が加速する

giveしたものが返ってくる目安は3年

お金で買えるのは幸福ではなく安心

承認欲求の暴走を抑える。
フォロワーはひとりひとりの人、感謝を忘れない

遊びに貪欲になる
プチ幸福を増やす

遊びで小さなドーパミン的幸福をたくさんゲットして、
仕事などのためにもエネルギーをチャージする

まとめ

自己啓発や成功哲学なんかのビジネス書を読むと、

「成功」=「最高」=「全て」

みたいな書き方をしているものもありますが、
それがいかに危険かわかります。

そもそも、人間ハラが痛いだけで何ひとつ楽しめない、、、
いくら金を持ってても「孤独」だと、、、??

「ドーパミン的幸せ」の前に
「セロトニン的幸せ」その次に「オキシトシン的幸せ」
が先にある。

そのことを確認させてくれて、
なおかつ、

実際にそれぞれの幸せを高めるために何をすればいいか??
=「具体的方法」

も本の中でいろいろと解説してくれてます。

この本を読んだだけで人生が変わる!!
なんてことはないかもしれませんが、

「幸せってなんだっけ??」
とふと思ってしまうひと、、、

幸せの階段の優先順位を知りたいひと、、、

ちょびっと人生をハッピーにしたい人なんかにおすすめの本です。

最後にもっかいリンク貼っときます↓


ではでは〜〜

  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人オヤジ。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・ビジネス書・健康ネタなど、おいしい混ぜごはん的ブログを目指しています。あなたの生活をちょっとだけ幸せにする本・小ネタ・便利グッズなども紹介。ブログのお小遣いで、愛娘たちに高級ちゅ~るを!最近の興味は禁酒・有酸素運動・自宅での温冷浴・瞑想で脳みその若返り。あえて!?の独身40代。Twitterでは興味のあることを脈絡なくつぶやいてます。

-ビジネス書・自己啓発