ビジネス書・自己啓発 健康・ダイエット

【内臓のお姉さんの内蔵セルフケア】の本要約?というか読んで学んだこと

ども、しゅうです。

まったり読書で学んだこと共有、、、

の要約、というか、
読んで学んだことを共有していきます。

このブログ記事では、
本の中で特にボクに刺さったこと、、、
後で見返して覚えておきたいことを箇条書きにまとめています。

あくまでボクに刺さったこと、なので、
読む人によっては、もっとたくさんの学びがあると思います。

自分が読んで本当に学びがあった本だけ紹介しているので、
気になったひとはアマゾンとかで他の人のレビューも見てみてください。

学んだこと・脳内メモ

自分ひとりの身体じゃない

内臓と会話する

治療というよりコミュニケーション
(即効性を求めない、少しづつ関係を築く)

内臓の位置が下がって下の別の臓器を圧迫、両方の臓器が機能不全に

弱っている内臓の原因が実は他の内臓ということがよくある

それぞれ繋がりあった内臓たちと自分自身も含めて1つのチーム、ファミリーのようなもの
内臓たちにありがとう

副交感神経が優位になると内臓に優先して血液がまわる

脳腸相関

無理は何も生み出さない

自分や自分の身体と向き合う

大金持ちでも寝たきりでは意味がない

健康貯金

まとめ

ちょっと自分と自分の身体に対して優しくなれる、、、

そんな本かな??と思いました。

特に「確かになぁ、、、」と思ったのは、自分ひとりの身体じゃない、、、ってこと。

子供や配偶者がいる人だけでなく、逆に養ってもらってる親がいる人にとっても、その身体、命はそのひとだけのものではなく、何かあったら大きな迷惑をかけるだけではなく、自分以上に悲しませるひとがいる、、、ってのが気づきでした。

ボクは若い頃から身体が弱かったので、どこか「どうにもならなくなりゃあ○んだらいいかな、、、??」なんて悪い意味で開き直ってしまってるところがありました。

けど、それじゃダメなんだろな、、、ってのが大きな気づき。

あと、自分の内蔵を擬人化して、優しくしてやろうってのも学んだ。

確かに、自分の内臓には、もし他人に同じ扱いしてたら訴えられるレベルのパワハラ、ブラックな仕事を押し付けてたわ、、、

広い意味での自分「ココロもカラダも内蔵さんも」に優しくしてやろうと思える本でした。

気になったひとはポチってみてください↓

ではでは〜〜

  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人オヤジ。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・ビジネス書・健康ネタなど、おいしい混ぜごはん的ブログを目指しています。あなたの生活をちょっとだけ幸せにする本・小ネタ・便利グッズなども紹介。ブログのお小遣いで、愛娘たちに高級ちゅ~るを!最近の興味は禁酒・有酸素運動・自宅での温冷浴・瞑想で脳みその若返り。あえて!?の独身40代。Twitterでは興味のあることを脈絡なくつぶやいてます。

-ビジネス書・自己啓発, 健康・ダイエット