健康・ダイエット 読書

内臓のお姉さんの内蔵セルフケアの本を読んで学んだこと

ども、しゅうです。

まったり読書で学んだこと共有、、、

を読んだときの脳内メモを共有していきます。

書評やレビューというより「こんなことが学べました」という、本を読んでいるときに自分用に取ったメモをほとんど加工なしで記事にした、自分の備忘録も兼ねてのものになるので、読みにくかったらごめんなさい。

なかには、実際に本を読まないとなんのことかわからないフレーズなどもありますが、全て解説してしまうと、ネタバレになって著者の人にも失礼なので、あえてそのままにしています。

原文ままではなく、自分で噛み砕いて他の言葉に置き換えているところも多々あります。

気になった人は本のリンク貼っておくのでポチってください。

脳内メモ

自分ひとりの身体じゃない

内臓と会話する

治療というよりコミュニケーション
(即効性を求めない、少しづつ関係を築く)

内臓の位置が下がって下の別の臓器を圧迫、両方の臓器が機能不全に

弱っている内臓の原因が実は他の内臓ということがよくある

それぞれ繋がりあった内臓たちと自分自身も含めて1つのチーム、ファミリーのようなもの
内臓たちにありがとう

副交感神経が優位になると内臓に優先して血液がまわる

脳腸相関

無理は何も生み出さない

自分や自分の身体と向き合う

大金持ちでも寝たきりでは意味がない

健康貯金

まとめ

ちょっと自分と自分の身体に対して優しくなれる、、、

そんな本かな??と思いました。

特に「確かになぁ、、、」と思ったのは、自分ひとりの身体じゃない、、、ってこと。

子供や配偶者がいる人だけでなく、逆に養ってもらってる親がいる人にとっても、その身体、命はそのひとだけのものではなく、何かあったら大きな迷惑をかけるだけではなく、自分以上に悲しませるひとがいる、、、ってのが気づきでした。

ボクは若い頃から身体が弱かったので、どこか「どうにもならなくなりゃあ○んだらいいかな、、、??」なんて悪い意味で開き直ってしまってるところがありました。

けど、それじゃダメなんだろな、、、ってのが大きな気づき。

あと、自分の内蔵を擬人化して、優しくしてやろうってのも学んだ。

確かに、自分の内臓には、もし他人に同じ扱いしてたら訴えられるレベルのパワハラ、ブラックな仕事を押し付けてたわ、、、

広い意味での自分「ココロもカラダも内蔵さんも」に優しくしてやろうと思える本でした。

気になったひとはポチってみてください↓

ではでは〜〜

  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・ビジネス書・健康ネタなど、おいしい混ぜごはん的ブログを目指しています。あなたの生活をちょっとだけ幸せにする小ネタ・本・アイデアなども紹介。ブログでお小遣いを底上げして、愛娘たちに高級ちゅ~るを!Twitterでは日々気づいたこと・考えた事などつぶやいてます。人生、これからだ!!

-健康・ダイエット, 読書

© 2022 しゅうの混ぜ混ぜごはん