ビジネス書・自己啓発 健康・ダイエット

【スタンフォード式人生を変える運動の科学】を読んで学んだこと

ども、しゅうです

今回は「スタンフォード式人生を変える運動の科学」を読んで学んだことを共有していきたいと思います。

この本は、

なぜ運動すると気持ちいいのか??
運動することのメリット
運動が脳に作用して発達させるカラクリ、、、

などをメインに、
あなたもすぐに運動したくてたまらなくなる
「科学的な」
知識が盛りだくさんです。

ボクが初めてこの本を読んだのは2年くらい前なのですが、
そこから軽いジョギングから初めて、

いまでは、
ジョギング、ウォーキング、エアロバイク、
踏み台昇降、リングフィットアドベンチャー、、、

と運動漬けの日々を送っています。

特にボクは有酸素運動が気持ちよくてドハマリ、、、

本の中で、個人的に運動を習慣化する強いきっかけになった知識は、

酒などの依存性薬物で得た快感は、
耐性ができてどんどん感じにくくなっていく、、、
そして最終的には量が増えて中毒になる、、、

だが、しかし!!

運動による快感は継続するにつれて感じる力が強くなる。
そして、運動以外の日常生活の中で
「美味しい・楽しい・美しい」などの
小さな幸せを感じる力までもどんどん鍛えられる!!

ってことでした。

ダイエットのための運動が続けられなくて悩んでいるひと、
運動するのが好きで、もっと運動のすばらしさを知りたい!ってひと、
毎日気分が上がらなくてウツ、、、ってひと、
さらには、お酒やタバコなんかがやめたくてもやめれない!!ってひと
(ボク自身過去タバコ吸ってましたし、問題飲酒レベルの酒飲みでした)

当てはまるひとにとっては読んでみると人生変わるかも??
な本です。

気になったひとは、
下の「脳内メモ・学びになったこと」
のところだけでも読んでみてください。

このブログ記事の概要(興味のない人はトバして可)

ボクは本を読むとき
「なるほどな〜」「ここ良いな、、、」と思ったところを、
後で本ぜんぶを読み直さなくても確認できるように、
メモしながら読書します。

今回は、そのメモを、
ほとんど加工無しでそのまま共有。

ある意味ボクの脳みその反応をそのままさらすようなもの。

書評やレビューというより
「こんなことが学べた!」という点を
備忘録も兼ねて記事にしたものです。

主に自分が後から本の内容、エッセンスを
素早く振り返れるように書いたメモを
ほぼそのまま公開。

読みにくかったらごめんなさい。

なかには、
実際に本を読まないと
なんのことかわからないフレーズなどもありますが、

全て解説してしまうと、
ネタバレになってしまい著者の人にも失礼なので、
あえてそのままにしています。

原文ままではなく、
自分で噛み砕いて他の言葉に置き換えているところが多いです。

「あくまで読書時点のボクに刺さった」
ことを基準にメモしているので、
ボクがすでに知っていることは省いていたり、
本の中にはメモしてないことでも他の人にとっては刺さることもあると思います。

気になった人は本のリンク貼っておくのでポチってください。

脳内メモ・学びになったこと

脳は運動するひとに報酬をくれる

身体を動かすと筋肉から脳のストレス耐性を上げるホルモンがドパッと出る。
「希望の分子」と呼ばれる。

20分以上の持久運動をすると、
勇敢で楽天的でどんなことにも立ち向かえる自分になれる。

定期的な運動により脳が変化し、
運動や交流による快感に敏感になり、
より幸福を感じられるようになる

運動量が増えるほど快感が大きくなる

運動そのものがM薬
内因性カンナビノイド=脳内T麻

脳は6週間の継続で運動中毒にできる

運動は続けていくうちにより楽しくなってくる

ゴールしたことは奇跡ではない、
スタートラインに立つ勇気を持てたことが奇跡なのだ。

プレジャーグロス=条件刺激による快楽

薬物中毒になると快楽を感じる脳の機能が麻痺して能力が低下し、
日常生活でも楽しみを感じられなくなる。
が、
運動による快楽は、脳の快楽を感じる機能が高まり、
どんどん楽しみを感じる能力が高まる。
結果として、運動以外の快楽、
美や食や人との繋がりもより楽しめるようになる。

集合的沸騰
パワーソング

自分でなんとかできると気づく

筋肉は感覚器官
自分自身を力強いと感じると障害に対する認識が変わる

運動のツラさを乗り越えることで、
困難に直面しても乗り越えられるという実感を育む

グリーンエクササイズ

散歩をすると体内時計のペースが遅くなり、
時間が長くなった感覚を得られる

バイオフィリア=生きとし生けるものへの愛情

安静時放っておくと、
脳はあれこれいろいろごちゃごちゃ考える。
=デフォルト状態という。
それに効果的なのは瞑想。

自然に囲まれて夢中になっているときの状態
=ソフトファシネーショ
=今この瞬間に対する認識が高まり、
言語や記憶の分野は非活性化、感覚情報は活性化した状態

プロスペクト=自然に触れて湧いてくる明るい見通しや希望

自然欠乏症候群

普通の土に含まれるバクテリアには脳の炎症を抑制する効果がある。
つまり、土いじりが抗うつ剤になる

ある程度ツライ持久運動を行うと、
苦しみの中に意味や意義を見いだせるようになる

イリシン=運動すると筋肉から分泌される、
脂肪燃焼と報酬系の活性化、
抗うつ効果のあるホルモン

筋肉には内分泌器官としての働きがある

マイオカイン=運動時に筋肉から分泌されるホルモン類の総称

極限状態でひとに頼っていいと気づく

運動をしたくないというのは、
人間らしく生きるために欠かせない経験を拒否するのと同じ
身体を動かすことによって、
人間が生き残るために役立ってきた様々な本能を活用することができる

とにかく運動は喜びを生む
喜びの糸をできるだけ長くたぐり寄せていく

【スタンフォード式人生を変える運動の科学】を読んで学んだこと【まとめ】

もちろん万人にあてはまることではないと思いますが、

ボク自身はこの本で得た知識をもとに、
ガッツリ有酸素運動にハマって習慣化できています。

しかも、健康のためダイエットのために仕方なく、、、

ではなく!
完全に楽しみ、趣味として運動を継続できています。

ダイエットしてモテたい!?メタボ??健康??

あなたの運動を続けたい動機がなんにせよ、
この本で得られる知識はあなたの強い味方になってくれます。

個人的には、ダイエットとか健康のためっていうより、
メンタルの安定効果のほうがすっげ〜ありがたい。

運動すると、超メンタル安定します。
酒とかも「別にいらないけど??」なレベルになります。

言い換えると「毎日の幸福度が本当に上がる」
こんなこと書くと、
下手すると怪しい宗教??
詐欺商法??

って感じですが、
ほんっとうに、メンタルやストレスで悩んでるひとは
この本を読む読まない別にしても
ウォーキングからでも始めてほしい。

それぐらい運動を続けることには価値があります。(ガチで断言)

最後にもっかいリンク貼っときます↓


ではでは〜〜

  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人オヤジ。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・ビジネス書・健康ネタなど、おいしい混ぜごはん的ブログを目指しています。あなたの生活をちょっとだけ幸せにする本・小ネタ・便利グッズなども紹介。ブログのお小遣いで、愛娘たちに高級ちゅ~るを!最近の興味は禁酒・有酸素運動・自宅での温冷浴・瞑想で脳みその若返り。あえて!?の独身40代。Twitterでは興味のあることを脈絡なくつぶやいてます。

-ビジネス書・自己啓発, 健康・ダイエット