モンハン(MHWI)

(mhwi)快適さ重視・覚醒睡眠、麻痺片手装備

こんにちは、しゅうです

今回は、覚醒武器を使った睡眠麻痺の快適片手装備を紹介です。

画像は睡眠武器で載せてます

麻痺武器は装飾品だけ麻痺珠に変えてください。

画像で装備紹介

スキル

炎妃龍の真髄

覚醒武器に炎妃龍の真髄のスキルを積むことによって、整備スキルの上限を開放しています。これによって、転身の装衣と化合の装衣を切れ目の時間を短くして回転させることができるようになり、安全性、手数ともに増やしています。

爆鎚竜の覇気

腕と足をガンギン防具採用することにより、シリーズスキルでガード強化。加えて防具のスキルポイントでガード性能4まで装飾品なしで発動します。

耳栓

言わずと知れた安全、火力両立スキル。個人的にモンスターに咆哮連発されて固まるのがかなりストレスなので、優先して積みたいです。

まして今作は、他のモンスターが乱入してきて、モンスターどうしで咆哮しあったりして、その間こっち固まりまくり、、、とか、「いやぁぁぁあ!!!」な感じなのでw

挑戦者5

この装備では数少ない火力スキル。ただ、導きの地ではモンスターが怒ってないときは壁ドン連発して落とし物集めるのが基本なので、すぐに怒り状態になります。そのため、基本モンスターは怒っているので、ほぼ常時「基礎攻撃力+20と会心+10」が発動すると思って問題ないです。

他に火力スキル盛ってないですが、そこそこ火力でます。

ガード性能5

片手剣今作では最近使い始めて、最初は回避性能盛って装備組んだんですが、正直「回避で攻撃かわす立ち回りなら双剣の方が圧倒的に強い!!」のでw、片手のメリットであるガードを伸ばす構成にしています。その方が安定度もかなり増します。

ただ、ガード性能5まで積む必要があるかというとそうでもないので、防具で4までは付いてきますが、装飾品でつけた+1の部分は自由枠で、「導きの地に行くなら地学珠」「属性攻撃強い敵なら各種属性耐性珠」など使い分けると良いと思います。

睡眠(麻痺)属性強化

これはさすがに睡眠武器使うなら積んだ方が良いです。麻痺を使うときは麻痺珠に変えてください。

カード強化

モンスターによっては必要ないのですが、一部の特殊な攻撃を除いてガードしていれば安定!というのは安心感があります。ムフェトとかのブレスもガードできますしね、、、

整備

シリーズスキルで上限解放して5まで出せますが、無理に5まで積む必要はないと思います。僕自身も、モンスターによっては、整備、挑戦者、ガード性能のどれかを削って各種属性耐性を上げたり、ヴァルハザクの瘴気耐性を積んだり使い分けています。

不屈

これはおまけで積めれば、、、レベルですが、導きの地に行くならこのスキルを積んで、わざと早い段階で1、2落ちすると、圧倒的火力と防御力を手に入れられます。

わざと落ちて、こいつへたくそだなぁと探索のメンバーに勘違いされるリスクはありますが、探索をかなり効率アップできます。

ひるみ軽減1

これも、今作の片手ではできれば積めればレベルのスキルです。

というのも、アイスボーンでの片手のメイン火力である、バックステップからジャストラッシュのコンボにはスーパーアーマーがついているので、スキルなしでのけぞり無効です。

ジャストラッシュを入れるほどのスキがない時などに、△や〇攻撃を普通に何回か当てる場合、その時に味方の攻撃でひるんでしまうのですが、それも、踏み込み切から少しの間はスーパーアーマーがつくので、ほんと、歩いて近づいて切り付けるときとか、モンスターのダウン時に、ジャストラッシュ以外の普通の攻撃連発するとき、くらいですね、、、

ただ、意図せずひるんでしまってアババなるのは快適でないので、快適さ重視ならとりあえず積んどきましょう。

立ち回り

基本、整備を積んでいることもあり、装衣を活用する立ち回りになります。

転身を着ているときは、ひたすらクラッチクローアッパーから△攻撃で肉質軟化させてパーティー全体の火力をあげ、ついでにスリンガーの弾も供給する。クロー攻撃を連発してるだけでも、ある程度ヒット数あるので睡眠が入ります。

化合を着ているときは、ジャストラッシュメインで手数重視。個人的によく使うのは踏み込み切りからすぐにバックステップ→ジャストラッシュの流れですね。

ジャストラッシュはコンボの途中でモンスターが移動してしまうことも多いので、その場合は回避をはさんで仕切り直して、踏み込み切→、、、、でひたすらモンスターに張り付きます。

ちなみにモンスターがダウンした時などは、1回目のジャストラッシュはフィニッシュまで行かず2段目くらいでとめ、回避はさんで仕切り直して2回目をフィニッシュまで入れると手数、火力ともに上げることができます。

ジャストラッシュのフィニッシュは、最後に自分が大きく後ろに飛びのくので、まさに「締め」として使って、せっかくのスキは有効活用したいところです。

ジャストラッシュを入れてる途中でも、危なそうな気配が見えたら、すぐに回避一回はさんでガードとか、安全に立ち回るほうが、結果手数が増えてよい気がします。

睡眠特化の場合

もっと睡眠寄りにしたいのなら、武器を「ニュクスタバールⅡ」にしてカスタム強化で回復1段階、属性・状態異常強化Ⅳまで積むと、同じ構成で「睡眠590」まで出ます。整備は3で妥協することになりますが、そっちも使ってて楽しいです。

本当に睡眠特化!!というのなら、ニュクスタバールⅡで、防具を金レイアのゴールドルナシリーズで組んで特殊会心を積んだ方が特化できるのですが、防具が金レイアに限定されること、効果を出すには会心率を上げないと意味がないことから、自由度が低く個人的に使っていて好みではなかったです。

僕自身は今回の装備をメインで使っています。

まとめ

片手剣は火力面で見ると他の武器にどうしてもおよばないところがあって、自分も使い始めて最初「んんんん~~~~??」って感じだったんですが、クラッチクローアッパーとジャストラッシュを使いこなせるようになると世界が変わります。

特にクラッチクローアッパーは△攻撃まで入れて、1回で傷をつけた上にスリンガーの弾まで落とすという破格ぶり、、、

転身着てれば一切攻撃くらうことを気にせずモンスターを傷だらけにできます。

ではでは~

  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・アニメ・ビジネス書・健康ネタなど、脈絡なく書きつらねる趣味ブログ。収益は、、、いいんだ、、、趣味なんだからっ、、、!! Twitterでは日々気づいたこと・考えた事などツイートしてるので、フォローしてくださると愛娘2+王子1がよろこびます。たいして有益なことはつぶやきません(笑)

-モンハン(MHWI)

© 2021 しゅう趣味ごった煮