ストレス対策・自己啓発

人に食い物にされるのは与える人。けど、大金持ちになるのも与える人。あなたはどのタイプ??「GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 [ アダム・グラント ]」紹介

こんにちは、しゅうです。

あなたは「与える人?」「バランスをとる人?」それとも「奪う人?」

結局、どのタイプが得するの??って疑問に答えてくれます。

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代 三笠書房 電子書籍

の紹介です。

まず、人の行動戦略のタイプとして、「ギバー」「マッチャー」「テイカー」と、この本では3種類に分類しています。

「ギバー」は受け取る以上に与えようとする人。
「マッチャー」は受け取るものと、与えるもののバランスをとろうとする人。
「テイカー」は受け取る以上に相手から奪おうとする人。

もちろん、ある人が、常に1つのタイプとは限らず、状況や相手によって、それぞれのタイプをみんな使い分けているのですが、基本的な性格として、どの傾向があるかが人によって違うようです。

で、気になるのが、「結局どのタイプが得なのさ??」ってとこなんですが、一番人に利用されて、踏みつけにされるのが「ギバー」、、、けれども、大富豪といわれるような大成功を収めるのも「ギバー」という、一見矛盾したような研究結果が出ているそうです。

何も考えず、求められるまま与え続けるだけだと利用されますが、人に与える人は、周りに味方が多くなり、助けられることも逆に増え、そして、このSNSの時代、影響力も大きくなる。などの理由からそういう結果になるようです。そういうところが、本の中では実例をまじえてくわしく書かれています。

仕事などは、ほとんどの場合個人一人ではなりたたず、独立してる人でも、顧客など含めて多数の人との関係で成り立っているから、、、という感じみたいですね。

この本では、多数の実例をまじえ、各戦略のメリットデメリットを解説してくれてます。
文章は読みやすい文で書かれてますが、そこそこボリュームのある内容になっています。

で、結論、最初に書いたように、大成功するのは「ギバー」が多い!!ってことになるんですが、この本では、人に利用されるだけの「ギバー」にならないための注意点や、「ギバー」として成功するためのコツ、戦略なんかも書かれてます。

「お人よし」っていうと、なんか損するイメージありますけど、これからは生きていく戦略として「ギバー」をあえて選ぶのもありなのかもしれません。お人よしをギバーに言い換えると、ちょっとカッコよく感じますしねw

ちなみに、その、お人好しで利用されないための注意点も簡単に書いておくと、状況によっては「マッチャー」と「ギバー」を使い分けることらしいです。詳しくは本を読んでみてください。

自分個人だけでなく、仕事などの「チーム」の輪を円滑にするためにも「ギバー」は重要な役割をはたすようです。

この本は、個人的にはなかなか好きな本でした。
気になる人は読んでみてください。
ストレス対策の一助にもなると思います。

ただ、この本はキンドルアンリミテッドで読めないので、ご注意を、、、

ではでは~

GIVE & TAKE「与える人」こそ成功する時代 三笠書房 電子書籍
  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・アニメ・ビジネス書・健康ネタなど、脈絡なく書きつらねる趣味ブログ。収益は、、、いいんだ、、、趣味なんだからっ、、、!! Twitterでは日々気づいたこと・考えた事などツイートしてるので、フォローしてくださると愛娘2+王子1がよろこびます。たいして有益なことはつぶやきません(笑)

-ストレス対策・自己啓発

© 2021 しゅう趣味ごった煮