ストレス対策・自己啓発 書籍紹介

グーグル社も取り入れるマインドフルネス瞑想の効果!!

ども、しゅうです。

瞑想!?宗教!?怪しい!?、、、そんなことはありません!!

グーグル社も取り入れて、最近日本でも話題のマインドフルネス瞑想!!
実際やってみてどうなのか、効果などを記事にします。

メンタル面の効果

イライラが明らかに減る

過去にも瞑想を習慣化したことはあって、その時にも感じていたのですが、イライラすることが目に見えて減ります。

なにかストレスになるようなことが起きても、その事実と1歩距離を置いて、少し離れた位置から冷静に観察できる感覚です。起きた事実との間にクッションをひとつはさんでもらった感覚??に近いと思います。

妙な焦りが消える

僕は、瞑想を習慣化していないときは、なんだかわからないんですが、日々の生活で「もっと頑張らなきゃ!!」「もっと結果をださなきゃ!!」みたいな焦りを感じることも多かったですが、それがなくなります。

行き過ぎにならないレベルで、何でもかんでも自分OKみたいな軽いノリではなく、冷静に今の自分を受け入れて、そのうえで次に向かって行動できるようになります。

依存系の行動が抑制できる

瞑想を習慣化すると、お酒やタバコ、ギャンブルなど、依存性のある行動や薬物とも1歩距離を置いて考えることができるようになります。

事実、僕は、マインドフルネス瞑想を始めて禁煙できましたし、お酒の量も明らかに減りました。

事実→即反応!ではなく、クッションをはさめる

まとめると、ストレスになる事実や依存性のある行動、自分自身にわいてきた感情などに、「即」反応することなく、いったん冷静に距離を置いて見ることができるようになります。

怒りや悲しみに身を任せて、破滅的な行動をとってしまう可能性が、確実に下がると思います。

ネック・デメリット

瞑想を習慣化するうえでハードルになるのが、1回短くて5分程度、ある程度やるなら20分程度は、落ち着いて静かな環境に身を置く必要があることです。

朝起きた直後や、寝る前など、文字通り習慣に組み込んであげるまでは、続けていくのは少し難しいかもしれません。

実際、1・2回行ったからと言って、何か特効薬を飲んだ!!みたいに劇的な効果を感じられるものではないので、なんとなく「あれ!?なんか調子いい!?」と感じられるまでに1・2週間程度は必要かもしれません。

宗教ではないですけど、それこそ「信じる者は救われる~~」な感覚かもですね(笑)

宗教色を排した入門書籍

「グーグルのマインドフルネス革命: グーグル社員5万人の「10人に1人」が実践する最先端のプラクティス」が一番宗教色なくて、ビジネスパーソンにはとっつきやすいかもです。マンガ版もあります

簡単なマインドフルネス瞑想のやり方に加え、グーグル社で瞑想が盛んになったきっかけ、あえて宗教色を排した理由や、それ以外の多くの一流企業で取り入れられてきている現状などについても書かれています。

本の中で触れられているんですが、最近では脳科学的な研究もかなり進んでいて、脳の感情や記憶をつかさどる部位など、ストレス社会を生き抜くうえで有利な部位が本当に発達する、、、なんてことも報告されているそうです。

瞑想以外にも、習慣的な運動など、メンタルを強く健やかに保つ技術はいくつかありますが、一度読んでみて損はないと思います。

あくまで健康的に、エコロジー、そしてエコノミーな方法として、、、

ではでは~~

  • この記事を書いた人

しゅう

いろいろ凝り性の関西人。ネコ×2+チワワ×1=愛娘×2+王子×1とのんびり暮らし。ゲーム・アニメ・ビジネス書・健康ネタなど、脈絡なく書きつらねる趣味ブログ。収益は、、、いいんだ、、、趣味なんだからっ、、、!! Twitterでは日々気づいたこと・考えた事などツイートしてるので、フォローしてくださると愛娘2+王子1がよろこびます。たいして有益なことはつぶやきません(笑)

-ストレス対策・自己啓発, 書籍紹介

© 2021 しゅう趣味ごった煮